黒酢はいつ飲む?-黒酢を摂る時間-

黒酢にはさまざまな効能が知られています。ダイエットや血圧を安定させる働き、疲労回復、美容など。こうした働きを最大限に引き出すうえで理想的な飲み方、タイミングもあるため、自分が黒酢に何を求めているのかをよく把握したうえで最適な摂取環境を意識していくことが大事になってきます。

食後に摂取することで吸収を高め脂肪燃焼を促す働きが期待できる

では黒酢はいつ飲めばよいのか? 基本は食後すぐです。とくにダイエット目的で摂取しようと思っている人にとってはこの基本を守り続けることがメリットを得る上での最大のポイントとなるでしょう。

 

食後に飲むことで体内への吸収を高めるだけでなく、脂肪の燃焼を促す働きも期待できます。なお、食前の空腹時に摂取すると酢酸が胃に負担をかけてしまう恐れがあるほか、食欲を増進してしまうこともあるので注意が必要です。

 

一方、高血圧や血糖値が気になる方は食事中、もしくは食事の直前がオススメです。先述したように食前の摂取はあまり適さないので直前か食べながらというのが理想的でしょう。

 

これは黒酢を食べ物と一緒に体内に取り入れることで糖分が吸収されるのを抑制する働きが得られるからです。

 

食後には血糖値が急上昇しますから、それを防ぐことで安定した状態を維持することができるからです。なお、血糖値が急上昇するとインシュリンの分泌量も一気に増加し、脂肪が作られやすい状況になってしまいますから、ダイエットの観点からも大事な点です。血糖値が高めなうえにダイエットの必要性を感じている場合にこのタイミングを心がけましょう。

疲労回復や基礎代謝アップの目的には体を動かした後の摂取もオススメ

酢酸が体内でクエン酸に変化してクエン酸サイクルを活発化させる黒酢の働きはエネルギー生成や疲労回復に大きなメリットをもたらします。

 

ですから運動後や仕事から帰宅した後の疲れた状態で摂取することで疲労の蓄積を防げるほか、基礎代謝を高めることで太りにくく脂肪が蓄積しにくい体質へと導く効果も期待できます。

 

運動を取り入れたダイエットを行っている人、若々しく健康な体づくりに黒酢を取り入れている人は体を動かした後の摂取も意識してみるとよいでしょう。

 

胃への負担さえ気をつければ黒酢はいつ飲んでも問題ありませんが、こうした目的別の飲むタイミングのポイントを踏まえておけば黒酢本来の働きを最大限に得ることもできるでしょう。

 

黒酢をそのまま飲んでいる人や健康ドリンクで飲んでいる人、サプリメントで取り入れている人、さらに料理に使用している人など摂取方法によってもいろいろと工夫してみたいところです。なお、どの目的であれ、一度に大量に摂取するのではなく複数回に分けて摂取するのが原則です。