そもそも黒酢ってなに?-黒酢とは-

黒酢とは「黒いお酢」のことです。かつては色さえ黒ければ何でも黒酢として扱われたこともありましたが、現在では2003年に農林水産省によって設けられた基準を満たしたものだけを黒酢として扱うことになっています。

原材料の種類や使用量、製造工程などの細かい基準を満たしたものが黒酢と呼ばれる

その条件とは酢1リットルのうち180グラム以上の原料を使用していること、発酵・熟成によって色が自然に褐色や黒褐色になったこと、そして原材料は米または米+小麦か大麦を使用していることです。ですから「黒くした」お酢ではなく、「黒くなった」お酢のことを黒酢と呼んでいることになります。

 

原材料についてもわれわれの多くは「普通のお酢は白米を原材料に作ったもの、黒酢は玄米を原材料に作ったもの」というイメージを持っているものですが、実際には玄米以外の原材料を使用した黒酢もあるのです。

 

現在市場に出回っているものでは玄米と大麦をそれぞれ原材料としたものが多く、玄米由来のものを「米黒酢」、大麦由来のものを「大麦黒酢」と分けて呼ぶこともあります。

発酵・熟成に時間をかけることでアミノ酸などの栄養分が豊富になる

黒酢の大きな特徴は発酵・熟成に時間をかけることです。普通のお酢が数ヶ月程度で製品化するのに対して黒酢は1〜3年程度の期間をかけてじっくりと発酵・熟成していくため、栄養分が豊富に含まれるようになります。

 

健康食品の成分として注目を集めるようになったアミノ酸の豊富な含有量もこうした製造過程の違いによるものです。アミノ酸だけでなくビタミンやミネラル、クエン酸も一般のお酢に比べて量が多くなっています。

 

アミノ酸が多いことで滋養強壮などの働きが期待できるほか、風味にコクがでてまろやかになるという特徴ももたらしています。普通のお酢といえば臭いがキツい、風味にクセがあるといった理由で敬遠されがちですが、黒酢には独特のまろやかな味わいがあって好きな人も少なくありません。

 

クエン酸(酢酸)が多い点も大きな特徴で、体内のクエン酸サイクルを活性化させることでエネルギー代謝や疲労回復を向上させる働きが期待できます。

 

もともとお酢は疲労回復に役立つことで知られていましたが、黒酢ならより効果的に活用していくこともできるのです。ほかにも高血圧をはじめとした生活習慣病効果、脂肪燃焼によるダイエット効果などにも注目が集まる機会が増えています。

 

このように、黒酢はお酢の一種でありながら白米から作られる一般のお酢とはさまざまな点で違った魅力やメリットを備えているものです。「お酢は苦手」と敬遠してきた方も日々の健康・美容に試してみる価値は十分にあるはずです。