黒酢ダイエットの効果的な方法と注意点-黒酢ダイエットの方法-

黒酢ダイエットを効果的に行っていく場合には運動を取り入れることが大前提です。「飲むだけでもOK」という売り文句を見かけることも多い黒酢ダイエットですが、運動も一緒に取り入れた方が効率がはるかによくなります。

黒酢に含まれる酢酸が体内でクエン酸に変化し、エネルギー代謝を活性化させる

その理由はまず第一に黒酢には脂肪の燃焼を促す働きが備わっていることです。生活習慣病の予防にも役立つこの働きは運動と組み合わせることで大幅に効率をアップさせることができます。

 

よく知られるようにウォーキングをはじめとした有酸素運動は脂肪、とくに内臓脂肪の燃焼に役立つからです。

 

皮下脂肪に比べて見た目に気づきにくく知らず知らずのうちに蓄積してしまっていることも多い内臓脂肪は運動による対策が非常に効果的です。血糖値や血圧が気になる方はこの運動と黒酢の相性のよさを最大限に活かすことが大事なのです。

 

また、黒酢に含まれている酢酸には体内のクエン酸サイクルを活性化させる働きもあります。摂取した酢酸が体内でクエン酸に変化することでエネルギー代謝を活性化させることができるのです。

 

つまりエネルギーが作られやすく、代謝が起こりやすくなるわけです。当然運動がしやすくなりますし、基礎代謝が増加することで太りにくい体作りにも役立ってくれます。

 

ダイエットの基本は摂取エネルギーを減らすことだけに執着するのではなく消費エネルギーを増やすための対策も欠かせませんから、この点でも黒酢と運動は密接なかかわりがあることになります。

黒酢は乳酸という疲労物質を分解する働きを活性化させる

もうひとつ忘れてはならないのが疲労回復効果です。これもクエン酸サイクルと関わってくることで、筋肉が疲労を感じたときに体内で生じる乳酸という疲労物質を分解する働きを活性化させることができます。

 

頑張って運動をしたのはいいものの、その疲れをいつまでも引きずってしまうような環境では長続きさせることはできないでしょう。

 

食事との組み合わせでは「食後に飲む」のが原則です。これは食後の方が消化・吸収が活発になるからというのもありますが、もうひとつ、黒酢は食欲を増進する働きもある点が重要です。

 

つまり黒酢を先に飲んでから食事をすると知らず知らずのうちに食事の量が増えてしまう恐れがあるのです。そうでなくても食事制限を我慢しづらくなってしまう恐れもあるので注意しましょう。

 

温めたお湯やジュースに黒酢を混ぜて就寝前に飲む方法もオススメです。就寝中の新陳代謝を高めるとともに血液の流れをスムーズにする働きが期待できます。ただあまり就寝前に水分を取りすぎると安眠の妨げになるので適量が原則です。