様々な黒酢の働き【概要】

黒酢が健康によい素材として注目されるようになった背景には全身のさまざまな範囲に広く働きをもたらす点が挙げられます。そのため高齢者の健康対策、女性の美容、中高年のサラリーマンの疲労回復など、現代人が抱えやすい悩みに広く役立てられるのです。

黒酢はエネルギー生成を促し、疲労回復や基礎代謝アップなどに働きかける

もともと黒酢をはじめとした酢は疲労回復に役立つことで知られていました。スポーツ選手でも日常的に酢を飲んでいる人がいるといいます。酢に含まれる酢酸は体内でクエン酸に変化し、「クエン酸サイクル」と呼ばれるエネルギー生成と疲労回復のメカニズムを円滑化させる役割を担います。

 

これはたんぱく質や炭水化物といった栄養分をエネルギーへと変換しつつ、疲労物質の乳酸を分解、さらにそれもエネルギーへと変換するサイクルのことです。このサイクルが機能していればつねに必要なエネルギーが供給され、疲労物質が分解されることで疲れが溜まりにくくなるわけです。

 

このエネルギー生成を促す働きはダイエットにも役立ちます。エネルギー代謝を高めることで基礎代謝がアップし、太りにくい体質にすることができるのです。

 

ダイエットの基本は摂取カロリーよりも消費カロリーを多くする点にあります。ダイエットに失敗してしまう典型的なパターンは摂取カロリーを減らそうと無理な食事制限をして挫折してしまうか、摂取カロリーよりも消費カロリーを減らしてしまうかにあります。

 

しっかり食事を取らないとエネルギー代謝が行われず基礎代謝も低下してしまうのでかえって太りやすい体質になってしまうのです。黒酢はこうしたダイエットが陥りがちな罠を防ぎつつ効率よく行っていける環境づくりに役立ちます。

敏感肌や乾燥肌、腸内環境の改善なども期待でき女性にも人気

女性の間で注目されるようになった背景には美容への働きがあります。美肌、とくに乾燥肌や敏感肌の改善に役立つことが知られるようになっており、黒酢に含まれているグリシンというアミノ酸が肌の乾燥やバリア機能の低下を改善する働きを発揮してくれるというのです。

 

肌は年齢を重ねるにつれて乾燥しやすく、また紫外線をはじめとした外部からのダメージを受けやすい環境になっていくため、美肌はもちろん、エイジングケアにおいても役立つのです。

 

同じく女性の間で注目されているのが便秘改善効果です。腸のぜん動運動を活性化し、悪玉菌の増殖を抑制することで便秘の改善に役立ちます。便秘は免疫力の低下による肌荒れなど美容とも関わってくるだけに下剤や浣腸を使用せずに対策ができる理想的な選択肢といえます。

 

中高年の男性にとっては血液をサラサラにして血糖値と血圧を調節する働きが生活習慣病対策に役立ってくれますし、近年ではさらに頭皮環境への働きにも注目が集まるようになっています。人によっては今挙げたうち2つ、3つの働きを一緒に得たい、という方もいるはずです。それだけに今後ますます注目を集めることは間違いないはずです。