黒酢で便秘改善!-黒酢と便秘のお話-

女性にとってうれしいのが便秘改善に役立つ働きでしょう。毎日の生活の中で黒酢をうまく取りいれていくことで腸の働きを活性化し、便秘予防・改善に役立てていくことができます。

便秘対策はあくまで自然に自力で排便できる環境を築くことが大事

便秘になりやすい人は何度も繰り返すことが多いようです。栄養バランスの偏った食生活や不規則な生活習慣、さらに運動不足などの要因が積み重なってすっかり便秘体質になってしまっていることが多いのです。

 

そんな便秘対策で注意しなければならないのが下剤やセンナ茶、コーヒー浣腸といった広く知られている対策方法に頼り過ぎないことです。

 

これらの方法は確かに長い間溜まってしまった便の排出を促し、便秘を効果的に解消できる方法ですが、その一方で腸の機能を弱め、自力での排便能力を損ねてしまうという問題点を抱えています。

 

便秘になるたびにこうした方法を用いている人はやがて自分では排便することができなくなってしまい、頼りきりになってしまうことも多いのです。

 

それだけに便秘対策はあくまで自然に、自力で排便できる環境を築いていくことが大事です。乳酸菌はその有効な対策方法として知られていますが、黒酢に含まれている酢酸も役立ちます。

黒酢に含まれる酢酸は腸のぜん動運動、悪玉菌の繁殖抑制などの働きをする

酢酸にはまず腸のぜん動運動を高める働きがあります。ぜん動運動とは便を腸から肛門まで運んで排便へと導く動きのことですが、便秘がちの人はこの動きが衰えてしまっているケースが非常に多いのです。酢酸はそんな衰えたぜん動運動を高め、腸内に溜まってしまった便を排出へと促してくれます。

 

さらに大腸内において悪玉菌の繁殖を抑制する働きもあります。腸内には100兆を超える細菌が存在しているといわれており、腸の働きを維持する善玉菌と、機能を低下させる悪玉菌がバランスをとりながら活動をしています。

 

善玉菌が優位な状況だと便はスムーズに出やすいのですが、悪玉菌が優位になると便秘に陥りやすくなってしまうのです。しかも悪玉菌は腸に溜まった便を分解して悪臭物質や有害物質を作り出してしまいます。酢酸は悪玉菌の繁殖を抑えることで善玉菌が優位な環境へと導くのに役立つわけです。

 

普通の酢よりもアミノ酸がたくさん含まれている黒酢は体内に蓄積した老廃物や毒素の排出を促すデトックス効果にも優れているといわれており、便秘対策と併せて体内の余分なものを排除してすっきりさせるのに役立ってくれるはずです。

 

なかなか便が出なくて苦しい思いをしているときにはどうしても下剤やセンナ茶に頼りがちになってしまうものですが、便秘体質の方は黒酢をうまく活用しつつもっと根本的な段階から対策と改善を目指していくべきでしょう。